2013年 03月 10日
Les pruniers sont en fleur et Mme Zakane
3月10日(日)
あの日が近づいている。
今日、庭の梅の花が咲いた。
e0204542_12173399.jpg

梅の文字を戒名にもつ父は、死んでもしあわせな男だと思う。
毎年、命日のころに梅の花が咲く。
今年は七回忌だった。

どうしようもないものが、僕らを包んで運んで行く。
それは時間。

---
3月8日(金)夜、昨年SIAOで会った岡崎さんという国際教育ボランティアの人に招かれ、ブルキナファソの外務大臣夫人と、京都駅近くのホテルのレストランで食事した。
Catherine Zakaneさんというフランス人で、ストラスブール大学時代にブルキナからの優秀な留学生と出会い、のち結婚された。それが今のご主人。
現在はワガドゥグに住み、"Creuset Plus"という私立学校を運営されている。
招聘による初来日とか。
「創造性」の教育をしなければ、アフリカは資本のえじきになるだけだと申し上げた。
話が通じる静かで知的な女性だった。
[PR]

by peuleu3 | 2013-03-10 12:27 | note


<< Vernissage      ART-EMA au Temp... >>