2015年 01月 17日
recherche pour l'exposition "still moving"_2
e0204542_2201959.jpg1月17日(土)午後、
"still moving"の打ち合わせと作業のため、塩小路通の鴨川べりにある崇仁小学校へ。
崇仁小学校は1873年に開校、2010年に閉校になった。
古い歴史を持つとはいえ、校舎は以外と新しい。
京都市内ではあいかわらず学校閉鎖があとをたたず、2014年度で24校、2015年度には合わせて30校近くが閉校になるという。
この崇仁地区が、約10年後には京都市立芸術大学の移転先になる。

"still moving"展は、京都国際現代芸術祭"Parasophia"の関連企画として、芸大移転を主題に孕んだ企画展だ。


すでに昨春から動き始めていたらしいが、われわれは昨年12月になって参加を要請されたので、追いつく努力がいる。
この日は、展覧会のために教室の備品類をかたづける予定だったが、業者が入るとかで必要なくなり、展示スペースを再検討することができた。

e0204542_2148265.jpg
暫定的にあてがわれた図書室。入口に近い北館2階にあり、アクセスはいいが、くせのあるカーペット敷きの部屋で、窓からの眺めもよくない。
e0204542_21491196.jpg
南館3階の東端にある4年1組教室。
e0204542_2151264.jpg
窓から運動場と高瀬川が見える。とうぜんJRの列車の行き交いも見える。
高瀬川の流路は、もうひとつの展示場所に予定している住宅展示場KYOMOと崇仁小学校をダイレクトにつなぐ。
鴨川は見えないが、川の気配も真横に感じられる。
e0204542_21531216.jpg
教室の隅に放置されていた材木を組み合わせて、浮遊するグリッドを即興的につくってみる。
窓からの光もいいぐあいだ。太陽の動きが如実に光を変化させる。
"Tracing Suujin" Project は、こちらの教室に変更することにする。
[PR]

by peuleu3 | 2015-01-17 23:32 | art


<< art - artisanat...      Visiter Mme.Fluxus >>